読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほかログ

アニメ・声優・アニソンの魅力を語ったり、オススメをまとめたり。

青春時代のキラキラとヒリヒリがつまったバレーボール漫画『ハイキュー!!』

漫画 アニメ おすすめアニメ 少年・青年漫画 おすすめ漫画

 
ハイキュー!! vol.1 (初回生産限定版)【イベント無料参加抽選応募券付き】 [DVD]

今回ご紹介するのは、高校バレーボールを題材にした漫画『ハイキュー!!』。
 
週刊少年ジャンプで2012年に連載を開始し、2014年4月から9月まではTVアニメが放送されていました。(2015年10月より、TVアニメ第2期作品となる『ハイキュー!! セカンドシーズン』が放送予定
 
 
さらには2015年夏に劇場版(TVアニメ第1期の総集編)の公開、同年11月には舞台化されることも決定。
春の高校バレーとコラボもしているので、内容はよく知らないけど目にしたことがあるという人も多いかもしれませんね。
 
 


 

テーマは「劇的青春」

 
ハイキュー!!』は、一言でいうと「男子高校生たちのバレーボールに懸けた青春」を描いた作品。(ちなみに目は死んでないよ)
 
週刊少年ジャンプのテーマである「友情」「努力」「勝利」といった要素もたくさん出てきます。
いわゆる王道のスポ根モノですね。
 
 
作者の古舘春一先生がバレーボール経験者ということもあって、バレーに関する描写はかなりリアル。
部内で起こるトラブルや試合会場の空気、サーブを打つ前の緊張感など“バレーあるある”がたくさん出てくるので、バレー経験者はまず間違いなく楽しめます。
 
もちろんバレー経験者だけでなく、何らかのスポーツに打ち込んだ経験がある人や、ジャンル問わず何かに一生懸命になったことがある人なら、きっと共感できる部分が見つかるでしょう。
 
 
 

ココがオススメ!①「キャラクター全員が“主人公”といっても過言ではない」

 
熱い展開が目白押しな『ハイキュー!!』ですが、この作品がただのスポ根にとどまらないのは、登場人物たちの魅力によるところが大きいです。
 
主人公の日向と影山を始め、彼らの先輩、同級生、指導者、ライバル校の面々など、実に様々なキャラクターが登場する本作。
バレーは普通1チーム6人で試合をするので、登場人物が多くなるのも当然といえば当然かもしれませんね。
 
 
この作品は、1~2巻では主人公の2人をメインに描き、3巻では2人の先輩たち、さらに4巻では他県のライバルたちにスポットを当てています。
キャラクター全員がそれぞれ10代の若者らしい悩みや葛藤を抱えていて、親近感もわきますし、自然と彼らのことを応援したくなってしまいます。
 
ちなみに私のイチオシは、天才セッター・影山飛雄と、ツッキーの腰巾着・山口忠
まだまだ未熟で精神的に不完全なキャラクターたちが、部活動や人間関係に奮闘する様子、とくに先ほど挙げた影山山口の成長は、この作品の大きな見所です。
 
umekox.hatenablog.com
umekox.hatenablog.com
 
 
 

ココがオススメ!②「敗者や落ちこぼれのリアルな心理描写」

 
「友情」「努力」「勝利」の要素がたくさん出てくると言いましたが、実は『ハイキュー!!』は“敗者”や“落ちこぼれ”など「負け」にフォーカスした作品でもあります。(矛盾するようですが)
 
主人公が相手チーム(敵)と戦って勝利した場合、物語は当然さくさくと次に進んでいきますよね。
そのとき相手チームが味わっているはずの悔しさや喪失感、いわゆる敵サイドの心理状態というのは、あまり大々的に描かれることはありません。
 
しかしながら『ハイキュー!!』は、その部分をこそ、とても丁寧に描いています。
 
勝者にスポットライトが当たりがちなフィクションの世界の中、敗者の感情を丁寧に描くことで「彼らにも彼らのストーリーがあったんだ」ということを改めて認識させられるのです。
 
 
物語には当然主人公が存在し、その主人公を中心にストーリーは進んでいきますが、誰もが主人公になり得るところが『ハイキュー!!』の魅力のひとつ。
色んなキャラクターの目線で物語を見ることができるので、何度も読み直す楽しみがありますよ。
 
 
 

初心者は1~2巻をまとめて読むのがオススメ!

 
「気になったからちょっと読んでみようかな」と思った人は、まずは一気にまとめて2巻まで読むことをオススメします。
なぜかというと、1巻に散りばめられている様々な要素がカチッとハマるのが、2巻冒頭に収録されている第8話だからです。
 
運動神経はバツグンなのに、仲間や指導者に恵まれず、才能を開花させられずにいた小柄な少年・日向翔陽と、やる気と技術は十分あるのに、その向上心が空回りをして、チームから浮いていた天才セッター・影山飛雄
才能はあるのに、致命的な欠点がある2人」が、持て余していた才能を完全に発揮したとき、一体どうなるのか?
 
 
2巻までまとめて一気に…と言いましたが、もちろん1巻だけを読んでから決めるのもアリです。
でもきっと1巻を読み終える頃には、続きが気になって仕方なくなっているはず…!
 
 

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)

新品価格
¥432から
(2017/2/8 15:44時点)

 

ハイキュー!! コミック 1-20巻セット (ジャンプコミックス)

中古価格
¥7,581から
(2017/2/8 15:46時点)


 
 
 
<こちらの関連記事もオススメです>
賢く冷静なブロックの要!無気力系メガネ男子『月島蛍』 - ほかログ
男気溢れるスーパーリベロ!ワイルド系男子『西谷夕』 - ほかログ
責任感の強さは人一倍!堅実系男子『縁下力』 - ほかログ
全員もれなく魅力的! 『ハイキュー!!』のセッターまとめ - ほかログ
“星座”で見る『ハイキュー!!』日向と影山の相性は? - ほかログ
この恐怖『ハイキュー!!』では味わえない!『詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。』 - ほかログ
スポーツ系アニメおすすめランキング! - ほかログ