ほかログ

アニメ・声優・アニソン等に関する記事をいろいろ書きたい。

失った何かを取り戻すためのツラくも優しい物語『3月のライオン』

 
3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)

今回ご紹介するのは、「ヤングアニマル」で連載中の漫画『3月のライオン』。

ハチミツとクローバー』で有名な羽海野チカさんによる漫画で、2011年にマンガ大賞を受賞したこともある作品です。
 
 
 

少年棋士の心の葛藤を描く

 
主人公は、高校生にしてプロの棋士でもある少年・桐山零(きりやま れい)。
 
15歳で将棋のプロになった零は、幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、もともと交流があった棋士の家に内弟子として引き取られます。
高校に進学せずに一人暮らしを始めた後に一年遅れで高校に入学しますが、周囲に溶け込めず、また将棋の対局においても結果を出せずに低迷。
そんな中、棋士の先輩にムリヤリお酒を飲まされて酔いつぶれていたところを介抱されたことがきっかけで、橋向かいの街に住む川本家の三姉妹と出会い、交流を持つように。
 
川本家を始めとした様々な人と関わっていくうちに、零の心境にも少しずつ変化が見え始め・・・という、お話です。
将棋のシーンも勿論ありますが、将棋が分からなくても全然大丈夫なのでご心配なく。(丁寧な解説がついてます!)
 
 
 

ココがオススメ!①「心はボロボロだけど、前に進もうとする登場人物たち」

 
主人公の零は、一人暮らしで高校に通いながら将棋の対局をこなし、公務員並み(それ以上?)のお給料を稼いでいます。(しかも生活費以外のお金は、お世話になった義父の家に振り込んでいる)
一見、若くして自立している将来有望な少年に見えますが、彼自身は現在も様々な問題に直面し続けています。
 
小学三年生の時、交通事故で両親と妹を失い、ある日突然一人ぼっちになってしまった零。
施設に入れられようとしていたところ、お父さんの友人であり棋士の幸田さんに引き取られることが決まって事なきを得るのですが、その後も彼の試練は続きます。
 
プロ棋士を目指す幸田さんの本当の子供たち(零より4つ年上の姉・香子と、同い年の弟・歩)と同じ屋根の下で暮らすことになり、生きるために自らもプロ棋士を目指し始める零。
血の繋がりがない義兄弟にして、プロを目指すライバル同士でもある間柄……それは、零はもちろん、香子や歩にとってもかなり苦しい状況だったに違いありません。
 
誰もがそれぞれ心に傷を抱えていて、ボロボロでみっともない自分から目をそらしたくなりながらも、必死に前に進もうとする。
零はもちろん、様々な登場人物の生き方に胸を打たれる作品です。
 
 
 

ココがオススメ!②「美味しそうなご飯と温かみのある演出」

 
ヘビーなテーマ・描写もありつつ、ご飯が美味しそうなところもこの作品の大きなポイント。
実物みたいにリアルというわけではないのですが、表現の仕方が独特で読んでるといつもお腹が空きます。(笑)
 
特に美味しそうなのが、2巻に収録されている第14話。
ヒナちゃんの想い人・高橋くんが川本家に来た際の、カレー(トッピングに唐揚げ★)に乗っかった温泉タマゴをスプーンでサクッと割る描写がたまらないです。
 
一つ一つのコマいっぱいに描かれた擬音や、動物たちの心の声(?)など隅々まで丁寧に描かれていて、読んでいて楽しく、そして温かい気持ちになります。
 
 

3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)

 

[まとめ買い] 3月のライオン(ジェッツコミックス)

新品価格
¥6,268から
(2017/2/17 11:12時点)