読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほかログ

アニメ・声優・アニソンの魅力を語ったり、オススメをまとめたり。

悪魔と人間によるブラックコメディ『よんでますよ、アザゼルさん。』

 
よんでますよ、アザゼルさん。(6) (イブニングKC)

今回ご紹介するのは、青年漫画誌「イブニング」で連載中の久保保久先生による漫画『よんでますよ、アザゼルさん』。
 
2011年に15分のショートアニメとしてアニメ化され、2013年には続編も放送された人気作です。
 
 
 

下ネタ多め、ブラック微糖のギャグ漫画

 
探偵業を営む青年・芥辺(アクタベ)と、その探偵事務所でアルバイトとして働く女子大生・佐隈りん子を中心に、芥辺が召喚した悪魔たちとの騒動を描いたギャグ漫画
 
登場する悪魔たちは、まるでマスコットキャラクターのようにプリチーな姿をしていますが、言うても悪魔なのでみんな性根が腐っています
それも悪魔だから当然のことなのですが、外見が可愛いだけにそのギャップがエグいです。
 
悪魔だけではなく、人間である芥辺や佐隈もとても善人とは言い難く、それぞれのエピソードは後味が悪いことも多々。
人間の闇の部分がリアルに描かれており、綺麗事だけじゃどうにもならないところは現実世界に通ずるものがあります。
 
 
とはいえこの作品、分類上は“ギャグ漫画”。単純に面白いです
過激な下ネタや風刺を織り交ぜたブラックな笑いが主成分なので、見る人は選ぶかもしれませんが。(笑)
 
かくいう私もそこまで下ネタが得意ではないのですが、それを帳消しにするほどの笑いのセンスがこの漫画にはあります。
単純に“面白い漫画”を求めている人にはオススメですよ。 
 
 
 

ココがオススメ!①「コマの隅々まで見逃せない!」

 
この漫画はとにかく小ネタが冴えていて、コマの隅々まで見逃せません。
例えば、とある事情で佐隈が苺の戦士に変身(※コスプレ)するエピソードでは、アザゼルとその友人・ベルゼブブによる『ドラゴンボール』のパロディやコントまがいの小芝居が楽しめます。
 
また、ただのギャグ漫画とは呼べないほど設定も凝っています
悪魔を召喚するための魔術書(グリモア)のルールなどもしっかりしており、そのおかげでギャグがいくらハチャメチャでもストーリーにまとまりを感じるのです。
 
 
 

ココがオススメ!②「ショートアニメでは類を見ないほどの高クオリティ」

 
2011年に放送されたTVアニメも、かなりクオリティが高いのでオススメです。
 
監督を務めた水島努さんがこの漫画の大ファンということもあり、画面の節々から感じる原作愛。
作画、動画、演出など何から何まで作りが丁寧で、映像を見ているだけでも楽しいです。
 
 
そして声優陣もかなり豪華。
ヘタリア』のイタリア役で有名な浪川大輔さん、『とあるシリーズ』の御坂美琴役で有名な佐藤利奈さん、『夏目友人帳』の夏目貴志役で有名な神谷浩史さんなど、他のアニメで主役を張っている声優さんが勢ぞろいしています。
 
中でも、本作の主人公にして淫奔を司る悪魔・アザゼル役の小野坂昌也さんは、役を演じているのか素なのか判別できないほどそのまんま
ちなみにアニメ第1期DVDの3巻では、アザゼルのコスプレをした小野坂さん(違和感が行方不明)も見ることができますよ!
 
 

よんでますよ、アザゼルさん。(1) (イブニングコミックス)

 

『よんでますよ、アザゼルさん。』Blu-rayVOL.1

新品価格
¥4,177から
(2017/2/17 13:50時点)


 
 
 
<こちらの関連記事もオススメです>
ブラックユーモア溢れる女子落語家たちの会話劇『じょしらく』 - ほかログ