読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほかログ

アニメ・声優・アニソンの魅力を語ったり、オススメをまとめたり。

刑事ドラマさながらの本格SFアクションアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』

アニメ おすすめアニメ

 
PSYCHO-PASS サイコパス VOL.1【Blu-ray】

今回ご紹介するのは、フジテレビ系列「ノイタミナ」で放送されたアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』。
 
2012年から2013年にかけてTVアニメ第1期が、2014年秋にはTVアニメ第2期が放送され、翌年1月には劇場版が公開された人気作です。
 
 
 

人間の心理状態が目に見えるようになった近未来が舞台

 
総監督を務めるのは、実写ドラマ『踊る大捜査線』の監督として知られる本広克行
ほか、『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄(脚本)や『家庭教師ヒットマンREBORN!』の天野明(キャラクターデザイン)を始めとする豪華スタッフによって製作されました。
 
 
舞台となるのは、人間のあらゆる心理状態や性格傾向を数値化して計測することが可能になった西暦2112年の近未来。
人間の心理状態を計測する機能を持つ「シビュラシステム」(以下:シビュラ)が導入され、作中の人々はこの値を通称「PSYCHO-PASSサイコパス)」と呼び習わし、有害なストレスから解放された“理想的な人生”を送るため、その数値を指標として生きていました。
 
そして物語のキーになってくるのが、犯罪に関する数値である「犯罪係数」。
たとえ罪を犯していない者でも、規定値を超えれば「潜在犯」として裁かれてしまうのです。
 
このような時代背景の中で働く公安局刑事課一係所属メンバーたちの活動と葛藤を描いた、重厚なストーリーが魅力の作品です。
 
 
 

正義とは何かを考えさせられる

 
まるで刑事ドラマを観ているかのような感覚で、社会に関する様々なことを考えることができるのも魅力の一つ。
 
例えば、この作品の多くの人々は、シビュラシステムに何の疑問を持つこともなく、当たり前のように従っています。
私たちの日常生活においても、「周りの人は当たり前のようにやっているけど、なんなんだろう、コレ?」といったような疑問を、あらゆる場面で感じたことはないでしょうか?
システムに従うかどうかの判断を自分でしていない……要は「みんなが従ってるから従ってる」というような。
 
その部分に疑問を感じるのが、第1期の主人公である狡噛 慎也(コウガミ シンヤ)。
そして、誰の目にも明らかな犯罪を犯しているにもかかわらずシステムに裁かれることのない人物の存在は、狡噛の人生に大きな影響を与えます。
 
そんな「システムの信頼性を脅かす存在」を、刑事である登場人物たちはどう裁こうとするのでしょうか。注目です。
 
 

第1話

新品価格
¥300から
(2017/2/18 16:37時点)

 

PSYCHO-PASS サイコパス VOL.1【Blu-ray】

新品価格
¥2,089から
(2017/2/18 16:35時点)


 
 
 
<こちらの関連記事もオススメです>
上質な音楽と、哲学的で濃密なストーリー『残響のテロル』 - ほかログ
釣りで世界を救う?!青春フィッシング物語『つり球』 - ほかログ