読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほかログ

アニメ・声優・アニソンの魅力を語ったり、オススメをまとめたり。

マイペースな双子のお兄ちゃん!脱力系男子『浅羽悠太』

キャラクター キャラクター(その他)

 
君と僕。 (13) (ガンガンコミックス)

今回ご紹介するのは、『君と僕。』に登場するキャラクターの一人、浅羽 悠太(あさば ゆうた)。
 
浅羽兄弟の“お兄ちゃんの方”で、弟の祐希(ゆうき)と共に作品内のゆるーい空気を助長している悠太の魅力をご紹介します。
 
 
 

とにかくマイペースな脱力系男子

 
青春真っ只中である筈の高校生であるにもかかわらず、あまりフレッシュさを感じない脱力系男子の悠太。
弟共々とにかくマイペースで、若者らしくハイテンションではしゃぐことはまずありません。
 
とはいえ、それはただ感情が顔に出にくいだけ。
基本的に楽しいことや面白いことは好きで、決してノリが悪いというわけではありません。(ノリノリというわけでもありませんが。笑)
 
春(しゅん)をからかったり、要(かなめ)をいじり倒したり、幼馴染み同士でつるんでいる時は祐希と共によくイタズラに興じています。
 
 
 

ココが魅力!①「他人に優しいお兄ちゃん!」

 
幼馴染み+千鶴の5人でいる時はふざけることもありますが、悠太はやはり“お兄ちゃん”。
 
周りのことを考えずに悪ノリすることがある弟の祐希に対し、基本的に悠太は周囲に迷惑をかけない範囲で悪ノリします。
仲間内でだけならともかく、校内行事などで集団行動をする際には問題児である祐希や千鶴をたしなめる役割も担っています。
 
 
また弟である祐希のことをとても大切に思っていて、時々叱ることもありますが基本的には甘々。
祐希が落ち込んでいると真っ先に気づいて慰めたり、幼い頃から自分にべったりだった祐希が友達と打ち解けていく様子を微笑ましそうに見守ったり、兄を通り越してもはや親のよう。(笑)
 
幼い頃から兄という立場でワガママな祐希の面倒を見ていたこともあって、どこか大人びた雰囲気を感じさせる悠太。
常に冷静で落ち着きもあり、祐希にも「悠太は困っている人がいたらすぐ気づくし助けるし、人のことばかり」と言われるほど、とにかく“他人に優しい”男の子です。
 
自分自身を主張することは少し苦手なようですが、相手の意見を尊重して自分を周囲に合わせていくことができるのも立派な長所の1つ。
当たり前のように相手の立場で物事を考えることができる悠太は、とても素敵な男の子だと思います。
 
 
 

ココが魅力!②「女の子に対しての意外な一面」

 
イケメンであるうえに大人っぽい悠太は、もちろん異性にもモテモテ
5人の中で唯一女の子と付き合っていた時期がありますが、実は女の子との接触は5人の中で一番少ない(※単行本15巻時点)というちぐはぐな事実も。(笑)
 
(かおり先生に憧れ、静奈さんに失恋して、日紗子ちゃんとキス?をした要)
(茉咲に好意を寄せられ、他校の女子に告白され、修学旅行先の京都で鈴雛さんに出会った春)
(茉咲を好きになって想いを伝えて、その後も何やかんや茉咲と仲が良い千鶴)
(食堂で働く花代さんと出会い、後に再会して告白、壁ドンまでした祐希)
 
(はたまた成り行きで高橋さんと付き合ったものの、一緒に帰ったりCDの貸し借りをしただけという清い悠太)
 
11巻に収録されている体育祭にて、元カノである高橋さんのチアガール姿を見て人知れず照れる悠太は、年相応でものすごく可愛いです。必見。
 
 
 
<こちらの関連記事もオススメです>
青春時代の何気ない日常を描いた脱力系ギャグ漫画『君と僕。』 - ほかログ
ブラコン必至? 『兄キャラ』が似合う男性声優8選! - ほかログ
賢く冷静なブロックの要!無気力系メガネ男子『月島蛍』 - ほかログ
 


広告を非表示にする