ほかログ

アニメ・声優・アニソン等に関する記事をいろいろ書きたい。

そんなに労働してないよ!日常系アニメ『WORKING!!』

 
WORKING!!! 1 (完全生産限定版) [Blu-ray]

今回ご紹介するのは、2010年にTVアニメ第1期が放送された『WORKING!!』という作品。
 
第1期の放送から1年後の2011年には第2期が、そして2015年7月から第3期が放送中の人気作です。
 
 
 

労働はほどほど、ゆるめのコメディ作品

 
原作は、2005年から2014年までヤングガンガンで連載されていた高津カリノ先生による4コマ漫画。
架空のファミリーレストラン「ワグナリア」で働く登場人物たちの日常を描いたコメディ作品です。
 
4コマ漫画が原作ということもあり、ボケとツッコミがほどよいテンポで繰り返されていく作風。
タイトルの『WORKING!!』を直訳すると「仕事」や「労働」といった意味になりますが、登場人物たちがバリバリに働いている描写はそこまで多くはなく、主に会話劇がメインとなっています。
 
 
 

ココがオススメ!①「マスコットキャラ(?)がかわいい」

 
WORKING!!』の顔であり、ワグナリアの看板娘…もといマスコットキャラクター的役割を担っているのが、高校二年生のフロア担当・種島ぽぷら
腰の辺りまで伸びる大きなポニーテールと、小学生に見間違われるほど小さい身長が特徴的な女の子です。
 
「小さいものが好き」という少々変わった性癖を持つ主人公の小鳥遊宗太(たかなし・そうた)にとってはストライクな外見であり、宗太がワグナリアで働くことになった理由も“ちっちゃくて可愛いぽぷらに勧誘されたから”というもの。
元ヤンの店長に理不尽な扱いを受けたり男性恐怖症の少女に殴り倒されたりしながらも宗太がアルバイトを辞めないのは、ぽぷらの存在あってこそなのです。
 
 
・・・と、まぁ、宗太のちっちゃいもの好きは少々異常とはいえ、ぽぷらちゃんが可愛いことに変わりはありません。
身長のことをいじられると「ちっちゃくないよ!」とムキになったり、キッチン担当の佐藤さんに子ども扱いされたり、宗太になでなでされることがいつの間にか病みつきになっていたりと、その「ちょっとおバカなところ」が外見のキュートさと相まってべらぼうに可愛いのです。
 
基本的に素直で単純、おまけに少し天然なところもあるぽぷらちゃん。
CVを担当する阿澄佳奈さんの声もまさしくピッタリで、気づくといつもニヤニヤしながら画面を見つめている自分が居たり…。
 
 
 

ココがオススメ!②「職場恋愛がかわいい」

 
高津カリノ作品の特徴でもある「もどかしい恋愛模様」も、本作の見所の一つ。
個人的に特に好きなのが、キッチン担当の金髪の青年・佐藤潤(さとう・じゅん)と、帯刀しているフロアチーフ・轟八千代(とどろき・やちよ)の関係性です。
 
パッと見ヤンキーっぽい佐藤が実はものすごくシャイで八千代に4年も片想いしてたり、やっと八千代を飲みに誘ったと思ったら日取りを決めるところまでは辿りつけなかったりと、なかなか進展しない2人の関係にはだいぶ悶々とさせられます。
しかしその分、2人の仲がちょっとでも進展すると「よくやった佐藤おおおおお!!!」と心のなかで大きくガッツポーズしてしまうのです。(笑)
 
いじめられているところを助けてもらった時からワグナリアの元ヤン店長にゾッコンな八千代ですが、徐々に佐藤のことを意識し始め、バイト仲間から友達、そして友達からそれ以上の関係に変わっていく様子は必見です。
 
 

WORKING!! 1 【完全生産限定版】 [DVD]

新品価格
¥1,782から
(2017/3/6 15:10時点)

 

ワグナリアへようこそ♪ 小鳥遊、働く。


 
 
 
<こちらの関連記事もオススメです>
仕事も恋も絶好調?ゆるめのお仕事アニメ『サーバント×サービス』 - ほかログ