読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほかログ

アニメ・声優・アニソンの魅力を語ったり、オススメをまとめたり。

作中最強?!アホかわヒロイン『満艦飾マコ』

キャラクター キャラクター(女の子)

 
ラジオCD 「キルラキルラジオ」 Vol.1

今回ご紹介するのは、2013年から2014年にかけて放送されたアニメ『キルラキル』に登場するキャラクターの一人、満艦飾マコ
 
茶髪のショートボブがキュートな、『キルラキル』のヒロインの一人でもあるマコの魅力をご紹介します!
 
 
 

ある意味最強?!アホの子・マコ

 
明るくて天真爛漫なマコは、自他共に認める“アホの子”。
学校では授業が始まると同時に早弁をして間髪入れずに居眠りをしており、よく食べてよく寝て、まさに本能のままに生きている女の子です。(笑)
 
どんな時でもマイペースで、実は誰よりも腹が据わっているマコ。
ボクシング部が流子を誘い出すためにマコを人質にとった際も、自分の命の心配より「今日は見せパンじゃない」ことの方を気にしており、ある意味最もたくましかったりします。
 
 
無星生徒であるため、自宅はスラム街にある一軒家。
家族構成は父・母・弟・飼い犬の4人+1匹です。
 
天真爛漫な性格やほんわかした雰囲気、外見なども含めて全体的に母親似で、黙っていればモテそうな気もしますが、やっぱりマコは“アホの子”だからこそ魅力的なのでしょうね。
 
こんなアホ可愛いヒロイン、そうそういません。
 
 
 

ココが魅力!①「マコ劇場」

 
キルラキル』の見所の一つ(?)でもあるのが、マコによる通称「マコ劇場」。
流子が戦いの中でピンチに陥った際などに、どこからともなく現れたマコが両手を頭上でクロスし、スポットライトが当たって「ハレルヤ」が流れたかと思うと、「流子ちゃんは負けない!」といった類のことを雄弁に語り始めるのです。
 
毎回ではないものの全24話のうち半分以上の回には登場しており、作品のシリアスな雰囲気をほどよく中和しています。
敵も、このマコ劇場の最中にマコや流子を攻撃することはなく、ヒーローが変身完了するまで待たなければならないお約束のようなものとはいえ、マコ劇場が終わるまで敵が黙って待っている様子はだいぶシュールです。(笑)
 
 
 

ココが魅力!②「アツい友情!流子との絆」

 
友達である流子のことを無条件で信じているマコ。
思い込みが激しく暴走しがちなため、流子と出会うまで友達がいなかったマコですが、初めて出来た友達ということもあり流子のことはとても大事に想っています
 
前項で触れたマコ劇場もそうですが、敵との戦いで流子がピンチの時に前向きなことを言って流子を鼓舞したり、
家族のいない(実際には姉と母がいましたが)流子に「今は私たちがいるよ」と声をかけたり。
 
マコが一方的に流子を“親友認定”したとは思えないほど、二人の絆は回を追うごとに深まっていきます。
 
 
流子と共に戦う「喋るセーラー服」こと鮮血は、流子と視聴者にこそ声が聞こえているものの、作中での流子以外の人間にはまったく声が聞こえていません。
つまり流子と鮮血が会話をしていても、はたから見ると流子が一人でセーラー服に話しかけているようにしか見えないわけですが、マコはそんなことで流子と距離を置いたりはしません。
 
清々しいほどハッキリと「うちの家族もみんな気味悪がってる!」とは言っているものの(笑)、
第5話で「反制服ゲリラ」の黄長瀬紬によってボロボロになった鮮血を流子に手渡しながら「だめじゃない、お友達は大事にしなきゃ」と笑ってみせるなど、流子と鮮血のことやその関係性などすべてを受け入れているのです。
 
また、戦闘中にしばしば熱くなりすぎてしまう流子にとって、マコはリラックスの素でもあります。
父の仇である針目縫を前にして暴走した流子を止めたのもマコであり、高い戦闘能力を持っているわけではないのに友情の力だけで流子と敵との戦いに介入してしまう、なんかよく分からないけどすごいキャラクターなのです!
 
 
 

ココが魅力!③「理想の家族?!満艦飾家」

キルラキル 満艦飾家 湯のみ

何かと破天荒なマコですが、それもそのはず、満艦飾家は家族ごと破天荒です。
 
闇医者を営むスケベな父・薔薇蔵と、何事にも動じない美人な母・好代と、やんちゃでスケベな弟・又郎、そしてガツガツしている飼い犬のガッツ
特に母・好代の腹の据わり方を見ると、まさに“この親にしてこの子あり!”という感じです。
 
 
ハチャメチャな家族ではありますが、実は作中で何度か良い言葉を残しています。
個人的には、薔薇蔵の「目先の欲であくせくしてもしょうがない」という言葉と、好代の「食べて動いて汗かいて、そしたら胸にたまった悪いものも流れていってくれるから」という言葉が大好きです。
 
また、いつも満艦飾家の食卓に並んでいるなんだかよく分からないものをぶち込んだコロッケが、なんと最終回直前で意味を持ち、物語のテーマを彩る要素の一つになります。
食べたいか食べたくないかといえばあんまり食べたくはありませんが・・・『キルラキル』の世界は「なんだかよく分からない満艦飾家」に救われたといっても過言ではないかもしれません。
 
 
 

ココが魅力!④「蟇郡苛との関係」

 
本能字学園の四天王にして風紀部委員長の蟇郡 苛(がまごおり いら)とは、第4話で言葉を交わして以来何かと絡みの多かったマコ。
 
なんだかよく分からないうちにマコに一目置いていた蟇郡ですが、物語終盤では危機感のないマコに大声で危険を知らせたり、生命繊維に取り込まれたマコを救出したり、全裸のマコから目を背けたり・・・
その様子を見た乃音が「ほら、イチャついてないで」と言っていましたが、正直私はこの二人のやり取りを見るために『キルラキル』を見ていた部分も少しありました。
 
蟇郡は極制服の特性からしてもかなりのドMと思われますし、マコは母親に似て天然ドSになりそうな可能性を秘めていますので、実際かなり相性の良いコンビだと思います!(笑)
この二人にスポットを当てた後日談が見たいです。
 
 

キルラキル 満艦飾マコ もぐもぐverつままれストラップ

新品価格
¥603から
(2017/3/6 15:29時点)

 

キルラキル マコ ハレルヤ Tシャツ ホワイト サイズ:M

新品価格
¥3,132から
(2017/3/6 15:25時点)


 
 
 
<こちらの関連記事もオススメです>
女同士のバトルと友情がアツい!『キルラキル』 - ほかログ
この初恋、宇宙級?! 2016年春アニメ『宇宙パトロールルル子』 - ほかログ
 
 


広告を非表示にする