ほかログ

アニメ・声優・アニソン等に関する記事をいろいろ書きたい。

実はナイーブで寂しがり屋!ミステリアス系男子『一松』

 
おそ松さん THE GAME はちゃめちゃ就職アドバイス -デッド オア ワーク- 特装版 【一松スペシャルパック】 予約特典(特製スキンシール&連動壁紙)付 - PS Vita

今回ご紹介するのは、アニメ『おそ松さん』に登場するキャラクターの一人、一松(いちまつ)。
 
イメージカラーは紫で、猫と仲良しな一松の魅力をご紹介します!
 
 
 

概要

 
アニメ『おそ松さん』は、赤塚不二夫生誕80周年を記念して制作された同氏の代表作『おそ松くん』のTVアニメ化作品。
監督は『銀魂』の藤田陽一氏が務めています。
 
ほとんど毎回本編に盛り込まれる、やりすぎ!とも思えるパロディ下ネタ要素
“第1話がDVD・Blu-ray未収録”という前代未聞の発表で世間を騒がせたことも記憶に新しいですが、好評につき2クール目の放送が早々に決定しています。
 
 
そんな話題作に登場する六つ子の一人・一松は、松野家の四男
やや髪の毛がボサボサで、眠そうな半目と猫背が特徴的なキャラクターです。
 
原作漫画ではほとんど見分けがつかなかった六つ子ですが、『おそ松さん』においてはそれぞれ違った個性を持っており、なかでも一松はシルエットだけでも最も見分けやすいといえるでしょう。
 
小学五年生の設定だった『おそ松くん』では、他の兄弟に比べて比較的マジメな性格でしたが、成人後の設定である『おそ松さん』では性格が一変。
三男のチョロ松いわく“一番行動が読めないジョーカー”であり、薄暗く気だるげな雰囲気の人物へと成長を遂げています。
 
 
 

ココが魅力!①「兄弟随一のネガティブ&マイペース」

 
口数が少ないため、何を考えているのかが分かりにくい一松。
良く言えばクールで、彼をよく知らない人は「ミステリアスなところが良い!」と思うかもしれません。
 
しかし実際は、口を開けばかなりの皮肉屋
次男・カラ松を汚い言葉で罵ったり、自らを「クズ」「ゴミ」と称する自虐的な面も持っています。
 
 
野放しにしてはいけない雰囲気を纏っており、その危険性は実の母親をも震え上がらせるレベル。
ある意味、一瞬たりとも目が離せない魅惑の存在です。(笑)
 
 
 

ココが魅力!②「兄弟随一の社会不適合者?でも本当は寂しがり屋」

 
長男・おそ松から、「こんな人間性じゃ、仕事とか一生ムリ」と心配(?)されている一松。
そればかりか、他の兄弟からも「社会に馴染め無さそう」「上司とか殺しちゃいそう」と言われる始末。
 
自分で納得しているのか、おそ松たちに反論することはありませんが、唯一「俺は信じてるぜ」とフォロー?してくれたカラ松に対してのみ、何故かブチ切れ。
おそ松いわく「カラ松にいじられた時の一松はヤバい」らしく、第5話のAパート(カラ松事変)でカラ松が誘拐された際も心配するどころか小躍りしながら喜んでいました。
 
しかしながら酔いつぶれた一松を介抱するのはカラ松の役目だったり、寝る時は隣同士だったりと、実際は仲が良いのか悪いのか分からない謎の距離感を保っています。
 
 
そして、無口な一松の本心が明らかになったのが、第5話のBパート(エスパーニャンコ)。
デカパン博士の薬のおかげで人間の本当の気持ちが分かるようになった猫――エスパーニャンコによって、本当はナイーブで寂しがり屋だということが判明したのです。
 
つい悪態をついてしまうのも“自信が無いから”であり、一匹狼を気取っているのも「人と距離を縮めるのが怖いから」「期待を裏切ってしまうかも」という理由から。
カラ松に対しての暴言・暴力も、ある種の照れ隠しのようなものなのかもしれませんね。
 
兎にも角にも、素直じゃないところが可愛い!!!です。
 
 
 

ココが魅力!③「兄弟随一の、、、」

 
公式配信のWebラジオにて「実はM」だということが判明した一松。
カラ松に対しての言動などからは想像しがたい事実に驚いたファンも多いと思いますが、思えば第6話では、お尻に“ケツ用の旗”を刺された際に少々意味深な悲鳴をあげていたこともありました。(笑)
 
第9話のBパート(恋する十四松)では、バットに括り付けられた状態で十四松に素振りされて死にそうになっていましたが、後日「今日は(素振り)やらないの?」「マジか、準備したのに…」と残念そうな様子を見せており、、、これはどうやら間違いなさそうだ。
 
 
エンディング曲「SIX SAME FACES ~今夜は最高!!!!!!~」では「もっと蔑んでもいいですよ」というMっ気全開のセリフも残しており、今後もいかなるMっぷりを見せてくれるのか大いに期待したいところです!
 
 

おそ松さん 一松ネコぶんちん&エスパーニャンコメモスタンド 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥2,500から
(2017/5/8 12:26時点)

 

ねんどろいど おそ松さん 松野一松 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥4,326から
(2017/5/8 12:27時点)


 
 
 


広告を非表示にする