読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほかログ

アニメ・声優・アニソンの魅力を語ったり、オススメをまとめたり。

女の子の永遠の憧れ『美少女戦士セーラームーン』シリーズ

アニメ おすすめアニメ 漫画 少女漫画 おすすめ漫画

 
1000ピース ジグソーパズル 美少女戦士セーラームーン セーラー服美少女戦士(50x75cm)

今回ご紹介するのは、1990年代に少女漫画雑誌「なかよし」で連載されていた『美少女戦士セーラームーン』シリーズ。
 
武内直子先生による“変身ヒロイン”を題材とした少女漫画で、テレビアニメやミュージカルなど様々なメディアミックスがされている作品です。
 
 
 

概要

 

 
【あらすじ】
 
主人公・月野うさぎは、ドジで泣き虫、勉強も運動も苦手な中学2年生。
ある日うさぎは、額に三日月の模様を持ち人間の言葉を話す黒猫・ルナと出会ったことがきっかけで、愛と正義のセーラー服美少女戦士「セーラームーン」に変身する。
 
初めは敵との戦いに苦戦していたうさぎだが、たびたび危機を救ってくれる謎の紳士・タキシード仮面や、次々と現れる仲間のセーラー戦士に助けられながら妖魔を倒し、人知れず街の平和を守っていく。
(※ウィキペディア参照)
 

 
 
当初は第1期だけで終了する予定が、社会現象になるほどの大ヒットとなったことで続編の制作が決まり、第5期まで制作された大人気シリーズ。
1990年代少女漫画の金字塔であり、少女を中心に大人の女性、男性の間にまで広く人気を博し、単なる少女漫画・アニメの域を遥かに超えたブーム&社会現象となりました。
 
1992~1997年に放送されたテレビアニメシリーズは、原作の漫画版とは設定や話の展開が異なる部分が多く、アニメオリジナルの話も多め。
ギャグテイストが強い作風で、「プリンセスと従者」というイメージが強いセーラー戦士たちの原作のイメージに比べると、仲間との日常や友情の描写がより強調されていました。
 
 
また本作のヒットにより、バトルヒロイン物と少女漫画の要素を一つにした「美少女戦士物」というジャンルが誕生。
同時に魔法少女のジャンルにも位置づけられており、「戦闘美少女系魔法少女物」の先駆け的な作品でもあります。
 
1980年代後半~1990年代前半生まれの女性は、まさしく世代ど真ん中かと思われます。
 
 
 

女の子を虜にした、変身シーンと必殺アイテム

 
テレビアニメ版のストーリーは、前半部分でうさぎと仲間たちの日常を描き、後半部分でセーラー戦士となり敵を倒す・・・というのがお決まりの流れ。
うさぎたちがセーラー戦士に変身するシーンは、当時夢中でアニメを見ていた少女たちの憧れでした。
 
映像技術が発展した現代の変身シーンもそれはそれで良いですが、第1シリーズを観ていた筆者にとってはやはり初期の変身シーンこそ至高。
バリエーションが豊富なムーンの変身はもちろん、個人的にはマーキュリーの変身が綺麗で好きです。
 
さらに!第3期から登場するセーラーウラヌスの変身シーンも外せません。
彼女の前髪をかきあげる仕草が・・・たまらぬ・・・
 
 
またシリーズが進むにつれ、必殺技の際に使用するアイテムが増えていきます。ムーン・スティック、ムーン・ロッド、変身ブローチや聖杯などなど…
親にねだって玩具を買ってもらった夢見る少女(笑)も、決して少なくないのでは?
 
必殺技の際にアイテムを使うセーラー戦士は、セーラームーン以外ほとんどいません(他にちびムーン、プルート、サターンぐらい?)が、マーキュリーの必殺技(特に第3~4期あたり)はやっぱり綺麗。
あとウラヌスの必殺技も・・・って、明らかにショートヘアのセーラー戦士を贔屓してますねすみません。(笑)
 
 
 

美少女戦士セーラームーン Crystal』第3期が待ち遠しい!

 
そして、シリーズ史上初のWebアニメとなった『美少女戦士セーラームーン Crystal』は、2016年4月から第3期の放送が予定されています。
テレビアニメシリーズと比較するとキャラクターデザインやストーリー展開が原作に近く、うさぎと亜美ちゃんたちの関係も「プリンセスと従者」のイメージが色濃く反映されています。
 
“プリンセス感”が強いので、女の子の憧れという点ではWebアニメ版の方が強いでしょうか。
でも欲を言えば変身シーンは手書きがよかった・・・とか何とか思いつつ、3DCGには3DCGの良さがありますよね。うん。
 
 
テレビアニメ版の第3期『美少女戦士セーラームーンS』にあたるwebアニメ版第3期(デス・バスターズ編)では、セーラーウラヌスら外部太陽系三戦士も活躍するということで、2016年1月27日に新キャストのお披露目がありました。
新たに発表されたキャストは、セーラーウラヌス(天王はるか)役を皆川純子さん、セーラーネプチューン(海王みちる)役を大原さやかさん、セーラーサターン(土萠ほたる)役を藤井ゆきよさんが演じます。
 
ウラヌス役の皆川純子さんは、『テニスの王子様』や『LOVELESS』を始めとして少年役を多く演じている声優さん。(きっと、絶対、カッコイイ)
さぞ優美でエレガントであろう大原さんのネプチューン、上品さを兼ね備えたウィスパーボイスが特徴的な藤井さんのサターンも非常に楽しみです。
 
 
 

最後に

 
普段アニメを見ない人にもその名が知れ渡っており、「戦う女の子モノ」の代表格ともいえる『美少女戦士セーラームーン』シリーズ。
 
今後どのような展開がされていくのか、これからも目が離せません!
 
 
 
<こちらの関連記事もオススメです>
頭脳明晰な大和撫子タイプ!知的系女子『水野亜美』 - ほかログ
少女漫画&少女漫画が原作のアニメおすすめ5選! - ほかログ
2016年春アニメの主題歌(OP・ED)オススメ12選! - ほかログ
黄色系プリキュアの新たな魅力!小悪魔系女子『天ノ川きらら』 - ほかログ
男性よりカッコイイ? 『少年ボイス』が魅力の女性声優10選! - ほかログ