ほかログ

アニメ・声優・アニソン等に関する記事をいろいろ書きたい。

『境界のRINNE』主題歌を担当! パスピエのオススメ曲8選


Live at 日本武道館

今回は、4人組ポップ・ロック・バンドのパスピエが歌うオススメの曲をランキング形式でご紹介します。
 
キーボード担当の成田ハネダとボーカル担当の大胡田なつきを中心として2009年に結成されたパスピエ
東京芸術大学クラシック音楽を学んだ成田さんによる楽曲と、ことわざや故事成語を用いた歌詞が特徴的なバンドで、2015年にはアニメ『境界のRINNE』の主題歌を担当したことでも話題になりました。
 
そんなパスピエのオススメ曲を厳選してご紹介しますので、少しでも興味を持たれた方はぜひ聴いてみてください!
 
 
 

8位「フィーバー」

フィーバー

2013年3月20日にリリースされたメジャー1stシングルの表題曲。
 
特徴的なイントロと、最初から最後まで“お祭り騒ぎ感”が満載な楽曲。
金曜日の夜になると聴きたくなります。
 
パスピエの「絵と歌」を担当する大胡田さんのアートワークが光るMVもオススメ。
 

パスピエ  「フィーバー」 Music Video
 
 
 

7位「くだらないことばかり」

くだらないことばかり

2013年6月12日にリリースされた通算4枚目のアルバム「演出家出演」に収録されている楽曲。
 
この曲は、シンプルでストレートな歌詞(このバンドでは珍しいかも?)が特徴的。
弱っているときに聴くとうっかりホロッと来てしまうような……そんな曲です。
 
バラード調で落ち着いたメロディなので、哲学的な歌詞をじっくり堪能したい方向け。
 
 
 

6位「MATATABISTEP」

MATATABISTEP / あの青と青と青(初回限定盤)

2014年3月26日にリリースされた3枚目のシングル曲。
 
キーボードが印象的なイントロに始まり、体が自然と動き出してしまうようなメロディが楽しい楽曲。
歌詞も不思議で楽しいですし、PVもオシャレで見所満載です。
 
あと、サビの大胡田さんのダンスが可愛いです。行ったことないけどライブで絶対盛り上がりそう。
 
 
 

5位「S.S」

演出家出演(初回限定盤)

アルバム「演出家出演」に収録されている楽曲。
 
アップテンポ且つ印象的な言葉のオンパレードに、最初から最後まで息をつく暇がない曲。
個人的には“パスピエ感”が一番ある曲かな、と。これからパスピエを聴くよっていう人に「まず何を聴けばいい?」って訊かれたら、多分この曲を挙げると思います。
 
 
 

4位「ヨアケマエ」

ヨアケマエ(初回限定盤)

2016年4月27日にリリースされた6枚目のシングル曲。
 
上品でありながら決して小さくまとまっていない、そんな印象を受ける詞がとにかく秀逸。
新しいものがどんどん出てくる現代社会で、“本物”を見極める目は常に養っていかなければと思わせられます。
 
あとイントロや間奏のキーボードが印象的です。
MVも素敵なので必見。大胡田さんは赤がよく似合う。
 

パスピエ - ヨアケマエ
 
 
 

3位「トキノワ」

トキノワ(初回限定盤)

2015年4月29日にリリースされた4枚目のシングル曲。
 
境界のRINNE』のエンディングテーマに起用され、初のタイアップがついた作品。
パスピエの曲はどれも歌詞が素晴らしいのですが、この曲は特に良いです。Cメロとか。大胡田さんって何者…。
 
また、同アニメのオープニングテーマに起用された『裏の裏』も素敵なので、この曲とあわせてオススメです。
 
 

トキノワ

新品価格
¥250から
(2017/6/29 17:04時点)


 
 
 

2位「△」

△

アルバム「演出家出演」に収録されている楽曲。
ちなみに「さんかっけい」と読みます。
 
この曲はもう、とにかく可愛いの一言に尽きる。
ポップで電子的なメロディと、言葉遊びが楽しい曲です。
 
割と早口で息継ぎも多くて歌うのがかなり難しい……と個人的には思うのですが、それを乗り越えて(?)歌えるようになると一段と愛着がわきます。(笑)
 
 
 

1位「名前のない鳥」

名前のない鳥

2013年1月9日にiTunes限定で配信された楽曲。
アルバム「演出家出演」に収録されています。
 
「聴く人が想像できる余白を残しながら歌詞を書くことが多い」という大胡田さんですが、まさしく聴く人によって様々な受け取り方ができる曲。
私個人としては、仕事や生き方など色々なことで悩んでいる時期にこの曲を聴いて、決して押しつけがましくないのに自然と気持ちが前に向いたような感覚を味わいました。
 
歌詞カードを見ながら聴いたり、目をつぶって音だけに集中してみたり、ぜひ色々な聴き方をしてみてください。
 
 

演出家出演(通常盤)

新品価格
¥2,035から
(2017/6/29 17:02時点)

 

【早期購入特典あり】ヨアケマエ(初回限定盤)(ステッカー付き)

新品価格
¥1,500から
(2017/6/29 17:05時点)


 
 
 
こちらの関連記事もオススメです>
世代問わず楽しめる高橋留美子作品『境界のRINNE』 - ほかログ
フジファブリックが歌うアニソンおすすめ3選! - ほかログ
Base Ball Bearが歌うアニソンおすすめ3選! - ほかログ
YUKIが歌うアニソンおすすめ3選! - ほかログ
SCANDALが歌うアニソンおすすめ3選! - ほかログ
やくしまるえつこが歌うアニソンおすすめ4選! - ほかログ