読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほかログ

アニメ・声優・アニソンの魅力を語ったり、オススメをまとめたり。

不器用な男たちが幸福な恋人になるまでを描いた物語・BLCD『リンクス』

 
リンクス (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)

今回ご紹介するのは、キヅナツキさんによるBL漫画を原作としたドラマCD『リンクス』。
不器用な4組のカップル(あるいは友達同士)が、一歩先の関係に進む様子をドラマチックに描いたBLCDです。
 
※BL(ボーイズラブ)要素を含みますので、苦手な方は閲覧をお控えください。
 
 
 

概要

 
この作品は、好き合ってるのに気持ちを上手く伝えられない4組のカップルが “リンク” する物語。
 
1組目は「新発田 & 関屋」。
超絶フレンドリーなおっさん・新発田に言い寄られ続けるコミュ障ラジオDJ・関屋が、自分の中のモヤモヤを不器用ながらも新発田に伝える物語。
 
2組目は「秋葉 & 弥彦」。
何事にもメゲずに愛してくれる弥彦と身体だけの関係を続けながら、カフェオーナー・秋葉が過去の想い人への気持ちの整理をつけていく物語。
 
3組目は「亀田 & 荻川」。
捨て猫が縁で親しくなった亀田荻川の、友達以上恋愛未満なゆったりとした日々を描く物語。
 
4組目は「佐渡 & 中条」。
学生時代とある出来事がきっかけで佐渡と付き合い始めた中条が、「手に入らないもの」だと諦めていた佐渡と完全に結ばれるまでの物語。
 
 
恋人としての進展具合は、
 
佐渡×中条 > 弥彦×秋葉 ≧ 関屋×新発田 > 亀田+荻川
 
大体こんな感じ。
10年以上の付き合いがある佐渡&中条、肉体関係はあるけど…な秋葉&弥彦、実は一番幸せそうな気がするけどとりあえず付き合いたての新発田&関屋。
亀田と荻川は、友達なのか恋人なのかまだ曖昧な関係です。
 
 
 

ココが魅力!①「絡み合う人間模様が、キャラクターの色々な面を見せてくれる」

 
それぞれが何らかの形で別のカップルたちと関わっており、全員が赤の他人ではないところがこの作品の大きな特徴。
例えば、4組目のカップルの一人・佐渡は、秋葉と弥彦のエピソードには脇役として登場している、、、という感じ。
 
そのキャラが主人公(メイン)の物語だけでは分からないキャラクターの側面を見ることができるので、かなりお得な構成になっています。
 
 
ストーリーは、割と終始センチメンタルな雰囲気。
男同士という設定が際立ったBL特有のストーリーというわけではありませんが、切ないラブストーリーが好きな方なら楽しめると思います。
 
 
ただし、CPの好みが細かい腐女子(腐男子)さんは少し注意が必要です。
 
例えば、A×Bのカップルは好きだけど、C×Dのようなカップルは少し苦手…という場合。
亀田&荻川以外は一応絡みのシーンがあります(多くはありませんが)ので、自分の苦手なタイプのCPが無いかチェックしてから購入を検討してもいいかもしれません。
 
 
 

ココが魅力!②「新旧入り乱れたキャスト陣の熱演」

 
注目のキャストは、
前野智昭さん(関屋)、村田太志さん(新発田)
羽多野渉さん(弥彦)、野島裕史さん(秋葉)
古川慎さん(亀田)、花江夏樹さん(荻川)
新垣樽助さん(佐渡)、斉藤壮馬さん(中条)
田丸篤志さん(佐渡の兄)
 
ベテランから若手までバランス良くキャスティングされています。
 
 
佐渡と中条をメインとした話が最も長いので、新垣さんのファン、壮馬くんのファンには断然オススメ
ちなみに筆者は新垣さんの声をこんなに長いこと聴いたのが初めてなのですが、深みのある素敵な声をしていらっしゃいますね。現在の佐渡と学生時代の佐渡との演じ分けも見事。
 
一方の壮馬くんは、やはり叫ぶ演技が素晴らしい
ラストの方の佐渡との言い合いのシーンで何度か声が裏返っていましたが、ここまで来るとやはり意図的に裏返している気がしてきました。
 
・・・かと思えば、囁き声も驚きのイケボっぷり。そのふり幅たるや。
ネタバレしない程度に書かせていただくと、「待てない?」「安心する」、この二つのセリフが特に破壊力抜群なのでぜひ注目してみてください。ファンの方、少なくともここだけは聴いといた方がいい。
 
新垣さんと壮馬くんは本作が初対決ということですが、声の相性がとても良いです。
男らしくも愛嬌のある新垣さんの声と、粗野な話し方の中にも繊細さと色気を感じさせる壮馬くんの声。今後も色々な作品で共演してほしいと思わせられる二人です。
 
 
全体的に、声の雰囲気が全員キャラクターに合っていたのも良かったです。
村田さんの明るくフレンドリーな新発田、前野さんのコミュ障だけどイケボな関屋は特にピッタリだと思いました。あと裕史さんと羽多野さんの安定感がすごい。安心して聴けます。
 
古川さんと花江さんのみ若手同士の組み合わせですが、お話に猫が絡んでくることもあって一番可愛いカップルです。
しかしここだけ受け攻めがハッキリしていないので、一体どちらが受けでどちらが攻めなのか、ぜひあなた自身の耳で確かめてみてください。(笑)