ほかログ

アニメ・声優・アニソン等に関する記事をいろいろ書きたい。

アニメ『チア男子!!』第1話 感想「彼らの笑顔と青春の汗でこの夏を乗り切りたい」

 
チア男子!! 1 (特装限定版) [DVD]

今回は、2016年夏アニメ『チア男子!!第1話の感想(レビュー?)です。
 
スポーツ系作品多めの夏アニメの中でも、筆者が特に注目している作品の内の一つがこちら。
以下、ネタバレを含みますので注意してください
 
 

 

チア男子!!』とは

 
原作は、朝井リョウによる青春小説
実写映画化もされた『桐島、部活やめるってよ』に続く作者の二作目で、2010年に集英社より刊行されました。
 
内容は、簡潔にいうとタイトル通り「男子がチアリーディングをする」物語。
主人公たちが大学生ということもあって、青春感満載です。
 
 
チアリーディングといえば、女の子が可愛いユニフォームでポンポン持ってて、元気で、華やかで・・・みたいなイメージが強いですが、「誰かを応援する」ことを目的としたれっきとしたスポーツの一種。
一流スポーツ選手の活躍を見て自然と元気づけられるように、まさにド直球で我々の背中を押してくれる、そんな作品です。
 
 
 

ドキドキとワクワクに満ちあふれた第1話

 

柔道一家の末っ子長男として生まれた坂東晴希(CV:米内佑希)は、才能がないことに悩み怪我をキッカケに柔道部を辞めてしまう。
そして、同じタイミングで柔道部を辞めた幼なじみの橋本一馬(CV:岡本信彦)に、「男子だけのチアリーディングをやってみないか」と誘われ・・・

 
 
伏線を散りばめつつ、次回への期待が高まる第1話でした。
今後仲間になるキャラクターたちも、すでにちらほら登場していましたね。タケルやら金銀銅やら。
 
そして、何といっても溝口(CV:杉田智和)のキャラが良い。(笑)
小説を読んだ時のイメージそのまんまの風貌で、偉人の格言(コレひそかに注目ポイント)を杉田智和ボイスで放つ溝口。彼専門の(と思われる)BGMもいい味出してました。
 
 
1話の段階では、仲間集めや技術的な面でかなり前途多難な雰囲気を醸し出していましたが、“新しいことを始める時のワクワク感”はやっぱり良いものですね。
決断力と行動力、そして強い意思さえあれば、たとえ学生じゃなくても、いくつになっても、このワクワク感を味わえるのではないでしょうか。
 
それにしても、OP(第1話では本編後に流れましたが)の翔くんの私服がスゴイですね?!?! 破壊力しかない。
 
 
 

迫力と力強さが魅力の男子チア!

 
チアの知識なんてほとんどない筆者が“男子のみのチアリーディングチーム”で唯一知っているのが、早稲田大学の「SHOCKERS」というチーム。
と言っても、男性声優がスポーツをする某声優番組で見たことがあるだけで、実際に生で見たことはないのですが・・・
 
shockers.s71.coreserver.jp
 
その声優番組で、福山潤さん&野島裕史さんら声優陣にチアを教えていたのが「SHOCKERS」の佐藤佑樹さん。
佐藤さんは男子チアについて、男子ならではの迫力や力強さが魅力と仰っていました。(確かにスゴかった!)
 
 
そして番組を見ていて思ったのが、チアリーディングは“信頼関係がないと成り立たないスポーツなんだな”ということ。
スタンツ(4人で組んで行う演技のこと。組体操のような)を行う際、一番上に乗るチアの花形・トップは、他の3人を信じることができなければきっと思い切った演技はできないのだろうなと思いました。
 
 
チームの結束力が演技の完成度に直結するといっても過言ではないスポーツ、チアリーディング。
晴希や一馬たちがどういうチームになっていき、どんな演技を見せてくれるのか、映像化した彼らの2分30秒に期待です!
 

  
 
 
<こちらの関連記事もオススメです>
アニメ『orange』第1話 感想「青春時代のキラキラと繊細な背景にも注目したい」 - ほかログ
アニメ『はんだくん』第1話 感想「いきなりのアニオリ!キャラクターほぼ総動員だったね」 - ほかログ
アニメ『腐男子高校生活』放送直前!課外授業スペシャル【感想】 - ほかログ
『2016年夏アニメ』声優別出演作まとめ - ほかログ