読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほかログ

アニメ・声優・アニソンの魅力を語ったり、オススメをまとめたり。

アニメ『刀剣乱舞-花丸-』第6話 感想「1クールも半分が終わるというのにコレか(※良い意味で)」

 
『刀剣乱舞-花丸-』 歌詠集 其の四 通常盤

今回は、アニメ『刀剣乱舞-花丸-第6話の感想(レビュー?)です。
 
主の体調不良や、遠征での様子が初めて描かれるなど色々なことがあった回ですが、やっぱり何よりミュージカルうどんのインパクトが強すぎた第6話。
以下、ネタバレを含みますので注意してください
 
 
 
第5話の感想はコチラ↓

umekox.hatenablog.com
 
 

■ イイ声でうどんの作り方を説明するだけの3分30秒

 
Aパートは、体調を崩してしまった主のために、長谷部と燭台切がミュージカル風にうどんを作る話。
Bパートは、安定たちが遠征先の江戸で解熱効果のある薬草を探す話。
 
今回の一番の見所は、やはり・・・ミュージカルうどんでしょうね。
 
確か、燭台切光忠役の佐藤拓也さんがゲストに来た際のラジオで「長谷部と燭台切があんなことになるとは…」みたいな話をしていた気がするのですが、今回のコレの事だったんでしょうか?(笑)
いやーそれにしても、長谷部が突然歌い出してからうどんが完成するまでおかしいことだらけでした。所々にセリフが入っているのがまたミュージカル感を助長させて…。配役も配役ですし。公式様恐ろしい。
 
今回、遠征での様子が初めて本編で描かれましたが、“遠征時間が2時間”というのはゲームと同じ(『江戸の記憶』の『享保の大飢饉』ですね)なので、ゲームの設定がしっかり活きているのも良かったです。
三日月宗近の鍛刀時間も、ゲーム通り「4時間」でしたしね。
 
主の体調不良の原因はBパートの最後で明らかになりますが、全編を通して「刀剣男士たちは審神者のことをこんなにも想っている」というメッセージが感じられ、審神者冥利に尽きる回でした。
1クール(11~13話)アニメであればこの辺りが中間地点かなというところですが、花丸は全何話なのでしょうか。個人的には永遠に続いてくれても構いませんけども。(笑)
 
 
 

■ キャラクターごとに気になったポイント

 

02:長谷部

相変わらず主への愛が重い・・・深いですね。
中の人が歌がお上手なので、突然のミュージカルも不思議とハマってました。しかし、歌からセリフへの流れが自然すぎて…(笑)
あとピンクの鍋つかみが可愛かったです。ぞうさんジョウロといい、意外にピンクが似合うという新たな発見。
 
umekox.hatenablog.com
 

04:前田

床に臥せれば前田からのお手紙がもらえるときいて、これからの寒い季節が楽しみになりました。
 

07:陸奥

遠征先で清光から主のことを聞いて、真っ先に江戸の調査から山茱萸探しにシフトチェンジする臨機応変ぶり。(素敵)
咄嗟の機転も効くし、隊長としても普通に頼りがいあるし、なんか一番カッコイイ気がしてきました。男女ともに人気がある理由はこれか。
 

12:光忠

カメラ目線での「がんばって♡」は、長谷部に向けてだけじゃなく、明らかに画面の向こうの審神者向けでもあったと思うのですがどうですか?
 

17:安定

練度も上がって、1話と比べるとだいぶ頼もしくなりましたね。
4話で兼さんが「何のために、誰のために戦うのか」というようなことを言っていましたが、今回で「今の主のために強くなりたい」という気持ちがかなりハッキリしたように見えました。
 
umekox.hatenablog.com
 

20:鳴狐

当たり前のようにミュージカルに参加するところがイイネ!
毎回、五虎退の虎たちに癒されているのですが、今回はそこにお供のキツネも加わっていてさらに楽園でした。
 
umekox.hatenablog.com
 

34:三日月

卵を片手に持ちながらのドヤ顔に笑いました。テレ●ジョンかと…
完成したうどんを食べたがるディフォルメ絵が可愛かったのですが、もしかして最初から自分が月見うどんを食べたかっただけなのでは…とも思ったり。(笑)
 
umekox.hatenablog.com
 

35:博多

まず、アバンのナレーションでの「聞いとっと?」で爆死。日本一かわいいよ博多弁…
「まだまだ頼りないけど、この本丸の一員として主の役に立ちたい」という刀剣男士らしさを見せつつも、金儲けのことになるとイキイキするのが博多らしくて和みました。
「ファイトー!」と叫ぶ山伏に、ちゃんと「いっぱーつ」と返してたのが可愛かったです。(笑)
 
umekox.hatenablog.com
 

36:山伏

器が大きくて、パワフルで、生命力に満ちている感じが素敵です。
当たり前のように「ファイト一発!」を知っていて笑いました。
 

37:御手杵

槍男士、ようやく1振り目。なかなか来ないですよね…槍。
今回のメンバーの中では一番長身ですが、ギャグ顔も多くて可愛かったです。
 
 
Bパートの最後で、主が最近夜更かしをしていたのは刀剣男士の水着を縫っていたからだと判明。株式相場のチェックじゃなかったんですね。
ということで、次回は文月。夏真っ盛り!まず間違いなく水着回になると思われます。
 
公式によると、次回の新刀剣男士は浦島虎徹と江雪左文字の2振り。とうとう左文字兄弟が揃いますね。(いち兄来ねええええ)
あのド派手なふんどしは誰が穿くことになるのか・・・次回も楽しみです。
 
 
 

■ エンディングについて

 
第6話のEDテーマは、陸奥守吉行(CV:濱健人)、博多藤四郎(CV:大須賀純)、山伏国広(CV:櫻井トオル)、御手杵(CV:浜田賢二)が歌う「お気楽珍道中」。
本編が遠征だったこともあり、お出かけ感(?)満載の明るく楽しい楽曲となっています。
 
前回、Blu-ray&DVDのCM担当が博多だったので、元主が同じ繋がりでEDの槍は日本号なのかな?と思いましたが、そういう繋がりはあまり関係ないということがわかりました。
思えば5話のEDも、元主や刀派関係なしの組み合わせでしたし、そういう括りに捉われない花丸ならではの組み合わせがこれからも楽しめそうです。
 
 

  
 
 
第7話の感想はコチラ↓
 
umekox.hatenablog.com
 
 
 
<こちらの関連記事もオススメです>
頼りがいのあるアニキ肌!世話焼き系刀剣男士『薬研藤四郎』 - ほかログ
審神者のことを最も呼んでくれる刀剣男士は?【刀剣乱舞】 - ほかログ
審神者のことを最も呼んでくれる刀剣男士(極)は?【刀剣乱舞】 - ほかログ
アニメ『刀剣乱舞-花丸-』第4話 感想「兼さんのカッコ良さの秘密は、やはり内面に隠れていた」 - ほかログ
アニメ『刀剣乱舞-花丸-』第3話 感想「こんな平和な3話があってもいいんじゃないかな」 - ほかログ
アニメ『刀剣乱舞-花丸-』第2話 感想「トラブルメーカー登場!織田組が歌うED曲も必聴」 - ほかログ