ほかログ

アニメ・声優・アニソン等に関する記事をいろいろ書きたい。

アニメ『刀剣乱舞-花丸-』第7話 感想「AWT48のデビューシングルの発売日はいつですか」

 
刀剣乱舞-花丸- 其の三(初回生産限定版) [Blu-ray]

今回は、アニメ『刀剣乱舞-花丸-第7話の感想(レビュー?)です。
 
お約束の水着回と、粟田口クラスタにはたまらないポイントがてんこ盛りだった第7話。
以下、ネタバレを含みますので注意してください
 
 
 
第6話の感想はコチラ↓

umekox.hatenablog.com
 
 

■ 鳴狐P、AWT48、ありがとう、そしてありがとう

 
Aパートは、藤四郎兄弟を中心とした刀剣男士たちが海を満喫する話。
Bパートは、兄に会いたいという想いがいっそう強くなった藤四郎たちの前に、とうとうあの刀が現れる話。
 
・・・ということで、ついに!満を持して!みんなのいち兄がサプライズ登場です。
7話の新刀剣男士は、江雪左文字と浦島虎徹の2振りのみじゃなかった!初の事後報告パターン(?)ですね。にくい演出だ…
 
前半は、安定&清光、陸奥守、浦島、藤四郎兄弟(長男除く)、左文字兄弟が、海でわちゃわちゃするほのぼのパート。
各々が思い思いに海を満喫していて、17振りとも可愛くて、もういっそ全振りで来られればよかったのになどと思いましたがさすがに40振り弱まとめては厳しいですよね、スタッフさんの労力的にも…。
 
後半は打って変わって、若干シリアスモードでのスタート。
一期一振の顕現を願い、鍛刀部屋に入り浸る薬研。薄暗い部屋で膝を抱えて眠る様子にはとても心が痛みました…。
報われるとは限らないことを想い続けるって苦しいですが、その想いが報われた時の喜びは何物にも代えがたいものがあると思います。(清光も言ってましたが)
 
そしてBパートの後半、兄弟全員でブランコに乗って地面に落ちるシーンがありましたが、幸せすぎて涙出ました。末永くお幸せに…!
 
 
 

■ キャラクターごとに気になったポイント

 

01:清光

日焼け対策やっぱりするよね。そりゃするよね。
夜中に安定と話している時の「俺もそうだったし」という一言が可愛かったです。
 

07:陸奥

あのド派手なふんどしは、むっちゃん用だったんですねw
海に出発する前は引率の先生っぽいかもと思いましたが(笑)、海では短刀相手に本気を出したり全力ではしゃいでいたのが良かった。
あと笑い方が好きです。
 

08:鯰尾

砂のトンネルに穴を開けての「握手っ」が最高に可愛かった。さすが斉藤壮馬…あざとい。
カメ吉に噛まれて裏声で叫んでたのも可愛かったですし、このシーン何気に脇差男士が揃ってて良いです。
 
umekox.hatenablog.com
 

11:薬研

いつもアニキ然としているから見落としがちですが、薬研もれっきとした(?)一期一振の弟なんですよね。今回そのことが改めて認識できたのは収穫でした。
一期一振に会えて嬉しいはずなのに、努めて気丈に振る舞う様子がなんとも健気で…。誰かこの子を抱きしめてあげて!と思ってたらいち兄が頭ぽんってしてくれたのでもうなにもいうことはないです。(安らかな死)
ヒトデを持って乱を追い回しているシーンは、薬研らしさ(筆者が勝手にイメージしていた“らしさ”ですが)があって良かったです。小学生の頃、ミミズなどを捕まえて嫌がる女子を追いかけ回す男子がクラスに一人二人いましたが、まさしくそんな感じ。
 
umekox.hatenablog.com
 

13:五虎退

筆者がこの本丸の主なら、五虎退に「一緒に行かないんですか…?(しょんぼり)」と言われた瞬間に光の速さで準備して一緒に海行きます。むしろ行かせてください。
 
umekox.hatenablog.com
 

17:安定

ハーブを入れたお守り・・・女子かな?
沖田総司の強さ」について、すでにかなり吹っ切れているようですし、気の置けない間柄である清光とのやり取りが微笑ましいです。
 
umekox.hatenablog.com
 

18:秋田

浮き輪をふくらましているシーンに和みました。
 

19:乱

清光&安定に続く、女子力モンスターその3。貝殻を集めて首飾りに・・・って、もはやそんな女子は天然記念物だよ。
金儲けのことで頭がいっぱいな博多に、「もっと楽しい遊びしない?」とツッコミを入れてたのに笑いました。
 
umekox.hatenablog.com
 

20:鳴狐

粟田口派の短刀たちを一歩引いたところから見守っていて、しかし逐一気にかけているこの感じ。距離感が絶妙でたまりません。
弟たちや兄のことで気を揉む薬研に気づいていて、主から富士札(※鍛刀の際にレア刀剣を入手できる確率をあげる札)を貰ってくるところとかもうね…。
しかし「出羽国山形藩の秋元家に伝来した」という設定がこんなところに活きてくるとは。(笑)
 
umekox.hatenablog.com
 

23:鶴丸

足元だけでも驚きの白さ。
 
umekox.hatenablog.com
 

24:平野

海水について「錆びそうな味」と表現したシーンに笑いました。
付喪神とはいえ日本刀ですからね…。きっと本丸に帰った後、入念に手入れしてもらったことでしょう。
 
umekox.hatenablog.com
 

25:骨喰

薬研にタオルケットをかけてあげるのが骨喰で良かったです。ナイスキャスティング
 

26:厚

「海に最初に着いた奴が、一番切れ味がいい!」に笑いました。刀剣だものね。
 

27:小夜

江雪兄様に会えて嬉しそうで何より。照れ顔が可愛すぎる。
 
umekox.hatenablog.com
 

38:江雪

直立不動でサーフィンをする姿に爆笑しました。
 

39:浦島

今更ですが「オレと竜宮城へ行ってみない?」というセリフ、ナンパの誘い文句みたいですよね。(でも可愛い)
 

40:一期一振

「来たああああ?!?!」とか「遅いよ!!!」とか、色々と思うところはありますがとりあえず、、、いち兄だ!いち兄が動いてる!!
立ち居振る舞いが優雅で素敵ですし、田丸氏の優し気なお兄ちゃんボイスもたまらん…。(でも田丸氏自身は弟)
自分の代わりに薬研が弟たちを支えていたことを知って薬研に言葉をかけるシーンは、お兄ちゃんみ溢れていて最高でした。(再び死)
そして今回の唇担当(?)でもあったいち兄。光忠だったり次郎ちゃんだったり、口元のアップにやたらと力が入ってる気がする、このアニメ。
 
umekox.hatenablog.com
 
 
 

■ エンディングについて

 
第7話のEDテーマは、前田藤四郎(CV:入江玲於奈)、鯰尾藤四郎(CV:斉藤壮馬)、薬研藤四郎(CV:山下誠一郎)、五虎退(CV:粕谷雄太)、秋田藤四郎(CV:山谷祥生)、乱藤四郎(CV:山本和臣)、平野藤四郎(CV:浅利遼太)、骨喰藤四郎(CV:鈴木裕斗)、厚藤四郎(CV:山下大輝)、博多藤四郎(CV:大須賀純)、一期一振(CV:田丸篤志)が歌う「恋と浄土の八重桜」。
前回よりメンバーが増えているものの、藤四郎兄弟としては2度目のEDとなります。本編が文月ということで、どことなく夏祭りの雰囲気も感じますね。
 
見た目に違わず綺麗な歌声の一期一振や、薬研&厚の合いの手などなど聴きどころたっぷり。
映像的にも見所満載で、ポイントを挙げだすとキリがないので割愛しますが、個人的に一番しんどかったのはポーズを決める厚&一期一振&薬研のシーンです。。。
 
お供のキツネと戯れる浦島や、ペンライトを持って江雪の膝の上に乗る小夜など、粟田口以外も可愛くて隅から隅まで見逃せない今回のED。
と思ったら、まさかの夢オチ!(笑) 一体どこからどこまでが夢だったのか・・・次回も楽しみです。
 
 

  
 
 
第8話の感想はコチラ↓
 
umekox.hatenablog.com
 
 
 
<こちらの関連記事もオススメです>
むしろネコババしてほしい!方言系刀剣男士『博多藤四郎』 - ほかログ
ソックスガーターは反則!従者系刀剣男士『へし切長谷部』 - ほかログ
審神者のことを最も呼んでくれる刀剣男士は?【刀剣乱舞】 - ほかログ
審神者のことを最も呼んでくれる刀剣男士(極)は?【刀剣乱舞】 - ほかログ