読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほかログ

アニメ・声優・アニソンの魅力を語ったり、オススメをまとめたり。

アニメ『ラブ米 -WE LOVE RICE-』第1膳 感想「炊き立ての白米が食べたくなった」

 
ラブ米-WE LOVE RICE- 3巻 [DVD]

今回は、アニメ『ラブ米 -WE LOVE RICE-第1話(第1膳)の感想(レビュー?)です。
 
以下、ネタバレを含みますので注意してください
 
 
 

■ 第1膳「新米生徒は粒ぞろい?」あらすじ

 

日本のどこかにある伝統校「穀立稲穂学園」
新入生のひのひかりは、入学式で学校が廃校になることを知る。
廃校を免れるにはパンに勝つしかない。
そう考えたひのひかりは全校生徒の前で五穀米先輩を超えるH@rve☆starになろうと伝えるが…。
 
公式サイトより引用

 
 
穀物人気をパンに取って代わられた世界で、お米を擬人化した少年たちがお米人気を取り戻すべく、ハーベスター(※言わば穀物のトップ)を目指してハーベストショー(※穀物たちが自身の美味しさを周囲にアピールするライブ)の練習に励む物語。
 
……ツッコミどころは満載ですが、お米愛に溢れた作品だということはよーーく分ります。(笑)
個人的にも好きなノリのアニメです。
 
 
 

■ お米に関連したセリフ回しに注目

 
設定から用語までとことんお米(穀物)にこだわっているこの作品ですが、キャラクターたちのセリフにもとてもこだわりを感じました。
そこで、第1話のセリフをいくつかピックアップしてみたいと思います。(ちなみに今回取り上げるのは、すべてひのひかり君のセリフ)
 

➀「銀シャリみたいな、ピッカピカの学園生活の始まりだ!」

銀シャリ』とは、玄米などが混ざっていない白いお米のこと。
梵語の「舎利(火葬されたお釈迦様の骨のこと)」が由来とされていて、昔からお米を尊いものとしていた日本には、白米は「仏舎利」の化身だという考え方があったそうです。
ちなみに「銀」は、白米が炊き上がった時の銀色に輝く様子から。お寿司の酢飯の部分を銀シャリと呼ぶこともありますね。
 
つまり“銀シャリみたいな学園生活”とは、これ以上ないってぐらいキラキラと光り輝いた学園生活ということですね……お米食べたい。
 

②「その話はおしまいだ!」

おしまい→おし米。
 

③「そんな事されたら、おまんまの食い上げなんだよ!」

『お飯(おまんま)の食い上げ』とは、収入がなくなってご飯が食べられなくなったり生活できなくなることを意味する慣用句。
第1話目にして、だいぶ切羽詰まった状況です。
 

④「ドンマイだ」

ドンマイ→ドン米。
 
「気にするな」「心配するな」といった意味で、失敗して気落ちしている人を励ます掛け声。スポーツの応援によく用いられます。
ちなみに、どんまい(どんきみ?)というお米で作られたポン菓子もありますよね。ダブルミーニング
 

⑤「そうだよな、みんな! YESか、農家、言ってみろ!」

YESかNOか→YESか農家。
 

⑥「なっ…なんだこの大冷害みたいな反応は…」

『冷害』とは、気温の低い日が続く日本の自然災害のこと。稲を始めとした作物の収穫に影響が出てしまいます。
お米たちにとっては天敵(?)ですね…!
 

⑦「参ったね☆」

参った→米った。
 
 
いかがですか、この徹底ぶり。(笑)
「YESか農家」からの「大冷害」の流れにはめっちゃ笑いました。
 
 
 

■ EDテーマについて

 
EDテーマは、メインキャラクターであるひのひかり・ささにしき・ひとめぼれ・あきたこまち・にこまるが歌う『浪漫飛行~ラブライスver.~』。
米米CLUBが1990年に発売した曲のカバーで、編曲は大石昌良さんが務めています。
 
音楽まで米に絡める徹底ぶり。ここまで来ると逆に気持ちいい!
さらに、個人的にも『浪漫飛行』は大好きな曲でして……まさか2010年代のアニメソングで聴けるなんて。嬉しすぎます。
 
 
 

■ 今日のお米

 
この作品の主人公であるひのひかり君ですが、私自身“ヒノヒカリ”というお米を知らなかったのでちょっと調べてみました。
 

ヒノヒカリ(南海102号)は、コシヒカリ(越南17号)と黄金晴(愛知40号)の交配によって生まれた水稲ウルチ米である。
宮崎県総合農業試験場農林水産省指定試験地)で育成された。
 
1989年に水稲農林299号「ヒノヒカリ」として命名登録され、翌1990年に種苗法による品種登録がなされた。
名前の由来は、西日本(九州)を現す「日」(太陽)と、その飯米が光り輝くさまから。
 
多くの府県で奨励品種に指定されており、九州を中心に中国・四国地方近畿地方など西日本で広く栽培されている。
 
Wikipediaより引用

 
 
ということで、どうやら宮崎県生まれのお米らしい。
西日本の方にはお馴染みの品種なのかな?(東北ではあまり聞いたことない…ような)
 
ひのひかり君はこしひかり先輩に憧れている設定っぽいですが、ヒノヒカリの先祖(?)がコシヒカリということなので近しいと言えばかなり近しいですね。
ヒノヒカリ」という名称がすでに素晴らしいですし、Wikipediaによると「食味は極良であり、上の中に区分される」とのことなので、とにかくとっても美味しそう……お米食べたい。
 
 

ラブ米-WE LOVE RICE- 1巻 [DVD]

新品価格
¥4,840から
(2017/4/7 14:04時点)


 
 
 
第2話の感想はコチラ↓

umekox.hatenablog.com
 
 
 
<こちらの関連記事もオススメです>
『2017年春アニメ』声優別出演作まとめ - ほかログ
【AT-X】2017年春アニメの放送スケジュール一覧 - ほかログ