ほかログ

アニメ・声優・アニソン等に関する記事をいろいろ書きたい。

アニメ『ラブ米 -WE LOVE RICE-』第8膳 感想「お米関連の用語がゲシュタルト崩壊」

 
「ラブ米」キャラクターソングCD vol.1 「米の飯より思し召し」

今回は、アニメ『ラブ米 -WE LOVE RICE-第8話(第8膳)の感想(レビュー?)です。
 
以下、ネタバレを含みますので注意してください
 
 
 
第7話の感想はコチラ↓
 
umekox.hatenablog.com
 
 

■ 第8膳「腰が光ってSay Mine!」あらすじ&感想

 

ブレストレジスタンス達のライブに触発され、新しい技を練習するラブライス
全く必殺技習得の目処が立たず途方に暮れるメンバーの前に突如現れた五穀米のセンター、
稲穂学園のOBでもあるこしひかり先輩であった。
H@rve☆starオタクのひのひかりはこしひかり先輩を目の前に米上がるも、
真剣なラブライスの為にこしひかり直々の秘密特訓がはじまる…
 
公式サイトより引用

 
 
ということで今回は、ついに本物のこしひかり先輩が登場。
津田健次郎節が全開の非常に楽しい回でした。
 
公式ツイッターによると、今回の津田さんのセリフは「大体アドリブ」とのこと。(笑)
「チャーハン!」「稲いーね」「絶対にムリはする米っ」辺りはそうかなと思ったのですが・・・でもどこからどこまでがそうなのか分からないほど弾けてましたw
 
 
イーストキングに勝つために、こしひかり先輩直伝の必殺技を引っ提げてハーベストショーに臨むラブライスの五人。
ほんの少し?のアイドル要素と少年マンガ要素、そしてたっぷりのお米要素が盛り込まれたショートアニメ『ラブ米』、物語はいよいよ佳境を迎える――……!(謎のアオリ文風)
 
 
そういえば。
ここ最近ずっとひとめぼれユーザーだった我が家が、このアニメきっかけで数十年ぶりにあきたこまちを購入してみました。
 
f:id:umekox:20170526172737j:plain
 
 
ネットで調べた情報通り、粘り気が少なく、さっぱりとした印象のお米でした。
粘り気のあるひとめぼれよりは硬さを感じるお米だったので、自然とごはんを噛む回数も増えたような気がします。ある意味健康に良いお米と言えるかもしれません。
 
 
 

■ 今回のお米にまつわる用語

 

➀ひとめぼれの壁ドン

壁をドンした右手には、なぜかお茶碗が。(笑)
ひとめぼれセンターのハーベストショーについては、もう何も言う米。
 

②精米

玄米を白米にする作業のこと。
籾(もみ)から取り出した状態の玄米は糠がついていて茶色い色をしているので、その茶色い糠の部分を削って白いお米にする作業を精米と呼びます。精米したてのお米はとても美味しいらしいので、グルメの皆様はぜひ家庭用の精米機を購入して自宅で精米してみてはいかがでしょうか。(私もいつかやってみたい)
 
ちなみにアニメの「精米」は、米の力を120%開放すること・・・らしいw
 

③農~~林水産省!

こしひかり先輩のセリフ。
農林水産省」とは、食料の安定供給の確保、農林水産業の発展などなど、農業の多面にわたる機能の発揮、森林や水産資源の適切な保存及び管理を図ることを任務とする日本の行政機関の一つです。
 
ささにしきがよく言う「農(NO)!」の進化形というか、何というかですね。これもアドリブかなと思ったけど、でも口の動きめっちゃ合ってたしな…。アフレコの後に作画スタッフさんが津田さんに合わせて書き直した可能性もあるけど。う~ん。
 

④うるちのくせによく粘る

こしひかり先輩のセリフ。
こちらは「うるち米」から来ていると思われます。
 
うるち米とは、私たちが普段ごはんとして食べている普通のお米のこと。
うるち米には、でんぷんの主成分である「アミロース」と「アミロペクチン」が2:8の割合で入っていますが、お餅やお赤飯に使われる「もち米」はアミロペクチンのみでアミロースは含んでいません。このアミロペクチンが、もち米のもちもちとした食感の元でもあるので、「うるち米は、もち米に比べて粘り気がないのに」という意味ではないかと。
 

⑤とんだジャポニカ米だ

こしひかり先輩のセリフ。
意味合い的には「とんだじゃじゃ馬娘だ」みたいな感じ?
 
ちなみに「ジャポニカ米」とは、日本でよく食べられているお米のこと。
日本で栽培されているお米のほとんどはこのジャポニカ種だそうです。
 

二毛作はないからな

こしひかり先輩のセリフ。
「男に二言はないからな」的なニュアンス?この辺は特に、怒涛のお米用語ラッシュだった。(笑)
 
ちなみに「二毛作」とは、同じ田んぼや畑で一年に二度、異なる時期に別種類の農作物を栽培すること。
 

⑦俺に教えられることはすべて炊き込んだ

こしひかり先輩のセリフ。
「叩き込む」のではなく「炊き込む」んですね。ホント凝ってる。
 
 
 

■ 今回のお米

 
今回はついに!とうとう!満を持して!
お米の王様・コシヒカリについて調べてみました。
 

コシヒカリ(品種)は、昭和から平成にかけて、福島県新潟県以南の日本各地で栽培される品種である。1956年(昭和31年)、水稲農林100号「コシヒカリ」として命名登録された。
1979年(昭和54年)から作付面積1位を続け、2005年には作付比率38%であった。
 
米の粘りが強く食味に優れる品種であるが、栽培上は倒伏しやすい、いもち病などに弱いなどの欠点も併せ持つ。
また、新潟県魚沼地域がコシヒカリBLの一大産地として広く知られており、超高級ブランド米の格付けをされ全国に出荷される。さらに近年では海外での日本食ブームもあり、アメリカ カリフォルニアでもコシヒカリの栽培が行われている。
 
コシヒカリと言う名前の由来は、北陸地方の国々を指す「越の国」と「光」の字から「越の国に光かがやく」ことを願って付けられた名前であると言われている。
 
Wikipediaより引用

 
 
コシヒカリといえば新潟県魚沼産のイメージが強いですが、生まれは意外にも福井県
でんぷんの主成分である「アミロース」と「アミロペクチン」のバランスが絶妙で、程よい粘り、そして強い旨みが特徴のお米です。炊き上がりの美しさや、香りもとても素晴らしいです。
 
お米の存在感がとても強いため、濃い味のお料理と相性が良いみたいです。
ちなみに私は、今ほどお米にこだわりが無い頃に初めてコシヒカリを食べましたが、「いつものお米と違う!うまっ!」と感動したことをよく覚えています。流石こしひかり先輩やで。
 
 

「ラブ米」キャラクターソングCD vol.1 「米の飯より思し召し」

新品価格
¥2,000から
(2017/5/26 11:55時点)

 

ラブ米-WE LOVE RICE- 1巻 [DVD]

新品価格
¥4,016から
(2017/5/26 12:08時点)


 
 
 
第9話の感想はコチラ↓
 
umekox.hatenablog.com
 
 
 
<こちらの関連記事もオススメです>
アニメ『ラブ米 -WE LOVE RICE-』第6膳 感想「イーストキングはスタイリッシュな正義の味方だった」 - ほかログ
アニメ『ラブ米 -WE LOVE RICE-』第5膳 感想「ギャグアニメなので急に校庭に線路が通っても無問題」 - ほかログ
アニメ『ラブ米 -WE LOVE RICE-』第4膳 感想「白米に乗った王子様は斬新すぎる」 - ほかログ
アニメ『ラブ米 -WE LOVE RICE-』第3膳 感想「KoMeMi☆SMILEに一票」 - ほかログ
アニメ『ラブ米 -WE LOVE RICE-』第2膳 感想「暖かい土地で栽培されたってだけですでに美味しそう」 - ほかログ
アニメ『ラブ米 -WE LOVE RICE-』第1膳 感想「炊き立ての白米が食べたくなった」 - ほかログ