ほかログ

アニメ・声優・アニソン等に関する記事をいろいろ書きたい。

アニメ『ラブ米 -WE LOVE RICE-』第12膳 感想「お米好きにはたまらないラブ米ディだった」

 
ラブ米-WE LOVE RICE- 3巻 [DVD]

今回は、アニメ『ラブ米 -WE LOVE RICE-第12話(第12膳)の感想(レビュー?)です。
 
以下、ネタバレを含みますので注意してください
 
 
 
第11話の感想はコチラ↓
 
umekox.hatenablog.com
 
 

■ 第12膳「二期へ浪漫飛行」あらすじ&感想

 

ちんこ坊主のハーベストショーの助けを借り、なんとかピンチを乗り切ったラブライス
突然の雨が降りしきる新嘗祭の会場に戻るラブライスたち一行。
ひのひかり、ささにしき、ひとめぼれ、あきたこまち、にこまる。
5人の米人気復興、学校存続に懸ける想いは届くのか。
米はパンに勝つ事は出来るのか・・・。感動の学園ラブ米ディがここに完結!
 
公式サイトより引用

 
 
色々あったけど最後は穀物同士、手と手を取り合い一つになって、グルメのみんなに米粉パンを届けて一件落着!
 
いい最終回だった・・・よね?
最終回特有(?)の肌色成分増量演出はちょっとアレだったけどw
 
まなむすめを米泥棒していたコロ姐も改心し、稲穂学園の存続も決まって、めでたしめでたし……かと思いきや、米とパンの活躍に怒りをあらわにする謎の黒い影。
テレビにラーメンらしきものを投げつけていたので、お米たちの次のライバルはやっぱり麺類…? サブタイトルでがっつり「二期」って言ってますし、これは続編期待できそうです。
 
 
 

■ 今回のお米にまつわる用語

 

➀顔が濡れて…力が…

アンのセリフ。
パンなので。
 

②遅刻して悪かったな

ひとめぼれのセリフ。
遅刻といえば食パンをくわえて登校……ということで、しっかり食パンをくわえて登場したひとめぼれでした。
 

③否、それだけじゃないね

こしひかり先輩のセリフ。
否→稲(いな)
それだけじゃないね→それだけじゃな稲
 

④低圧2段精米

ブライスが完成させた必殺技。
低圧2段精米とは、通常1回で仕上げる精米を、圧力を下げて2回に分けて行うこと。手間はかかりますが、お米にかかる圧力が小さいため、お米のうまみを残したまま精米ができます。
 

⑤身体が最終発酵してきちまった

キャリーのセリフ。
最終発酵とは、成形したパン生地をもう一度ふんわりとふくらませる工程のこと。これがうまく出来るかどうかでパンの焼き上がりが変わってくるようです。
 

⑥稲が綺麗ですね

もりのくまさんのセリフ。
夏目漱石による“I love you”の日本的意訳「月が綺麗ですね」のパロディと思われます。
コロ姐はこの一言でもりのくまさんにコロッと落ちたもよう。
 
 
 

■ 1~12話の感想まとめ

 
お米が好きなのでもともと注目はしていましたが、いやー、想像以上にぶっ飛んでました。(笑)
ですが、アイドルアニメやアン●ンマンを始めとしたパロディネタや、徹底してお米に関連付けたセリフ回しなど、楽しめる要素がたくさんある作品でした。
 
パロディは時に「ちょっとやり過ぎ?」と思うものもありましたが(笑)、ギャグアニメが好きだったりお米が好きだったりする人にはオススメです。
ショートアニメなので気軽に見られるところも良いですね。
 
 
あとは、ひのひかりの兄やあきたこまちの両親など、家庭環境が気になるキャラクターが多かったです。
公式サイトのキャラクター紹介を見ても、それこそキャラクター像が意外にしっかりと作られていて、そこをドラマCDで補てんしている感じなのかなと。
 

「ラブ米」キャラクターソングCD vol.1 「米の飯より思し召し」

新品価格
¥2,000から
(2017/6/23 10:39時点)


 
 
個人的には、最後までまなむすめ一筋だったひとめぼれがやっぱり好きでした。(シスコンお兄ちゃんはどの作品でも尊い
 
そして、このアニメに登場したお米や関連用語を調べていくうちに、前より少しだけお米に詳しくなれた気がします。
「森のくまさん」や「ちんこ坊主」という種類のお米があるなんて、このアニメが無かったらたぶん知ることはなかったと思うし…。
 
何にせよ、お米のことをたくさん考えられて幸せな3ヶ月でした。
アニメを見る前よりもさらに、毎日のごはんがとても美味しいです。
 
二期、楽しみです!
……あります米(よね)?
 
 

新米生徒は粒ぞろい?

新品価格
¥0から
(2017/6/21 13:22時点)

 

ラブ米-WE LOVE RICE- 1巻 [DVD]

新品価格
¥4,016から
(2017/6/21 13:21時点)


 
 
 
こちらの関連記事もオススメです>
アニメ『ラブ米 -WE LOVE RICE-』第10膳 感想「ツッコむべきポイントが多過ぎてもはやツッ米ない」 - ほかログ
アニメ『ラブ米 -WE LOVE RICE-』第9膳 感想「イーストキングはなんか普通にイイ奴らだった」 - ほかログ
アニメ『ラブ米 -WE LOVE RICE-』第8膳 感想「お米関連の用語がゲシュタルト崩壊」 - ほかログ
アニメ『ラブ米 -WE LOVE RICE-』第7膳 感想「コシヒカリBLからこの発想の飛び方である」 - ほかログ
アニメ『ラブ米 -WE LOVE RICE-』第6膳 感想「イーストキングはスタイリッシュな正義の味方だった」 - ほかログ
アニメ『ラブ米 -WE LOVE RICE-』第5膳 感想「ギャグアニメなので急に校庭に線路が通っても無問題」 - ほかログ