ほかログ

アニメ・声優・アニソン等に関する記事をいろいろ書きたい。

アニメ『活撃 刀剣乱舞』第1話 感想「絵面の美しさが尋常ではない」

 
【Amazon.co.jp限定】活撃 刀剣乱舞 2 (各巻購入特典:「B2半裁ポスター」付) (全巻購入特典:「描き下ろし全巻収納BOX(和泉守兼定・陸奥守吉行)」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray]

今回は、アニメ『活撃 刀剣乱舞第1話の感想(レビュー?)です。
 
以下、ネタバレを含みますので注意してください
 
 
 

■ 圧倒的な映像美

 
2016年10~12月に第1期が放送された『刀剣乱舞-花丸-』とは雰囲気がガラリと変わっている、もう一つのとうらぶアニメ作品。
制作会社のufotableさんといえば『Fate シリーズ』や『テイルズ オブ シリーズ』などが有名ですが、私はどれも未見なので今回初めてユーフォさんの作品に触れることになります。
 
まず、背景を始めとする絵の美しさにビックリ。
空、水、炎など、劇場版のアニメーションに引けを取らないクオリティの高さでした。
 
あと、戦闘シーンの緊張感が半端じゃない。
音楽や効果音の力もあるとは思いますが、背景が綺麗でリアルな分、フィクション感が薄まっている…というか。
絵に引き寄せられるように物語にグッと入り込んでしまうので、敵が現れるシーンは兼さんや堀川同様に「( ゚д゚)ハッ!」としてしまいました。(笑)
 
 
 

和泉守兼定と堀川国広

 
第1話は、刀剣男士として顕現したばかりの堀川国広と、彼の相棒的存在である和泉守兼定が中心のストーリー展開。
今回の堀川は、アニメ『刀剣乱舞-花丸-』で言うところの大和守安定的立ち位置、そして兼さんが加州清光的立ち位置……という感じでした。(※あくまでイメージ)
 
個人的には、堀川の方が精神的に大人で落ち着いていて経験豊富……みたいなイメージが何となく強いので、今回の堀川と兼さんのやり取りはある意味新鮮でした。
本丸の数だけ物語がある…というか、顕現した順番によって刀剣男士間の関係性が変わることもあるかもしれないと思うと、ワクワクが止まりません。
 
あと殺陣が本当にカッコ良いですね。ラジオによるとほとんど毎回アクションがあるそうなので、非常に楽しみです。
戦闘慣れしていて太刀筋に無駄がない兼さんと、初陣ということもありいっぱいいっぱいな堀川との対比も良かった。兼さんが砂を蹴り上げて敵の目潰しをするシーンも、“ならでは”の戦い方でテンション上がりました。
 
他にも、兼さんが蹴りを入れて堀川を励ましたり、ピアスの演出だったり、土方組ファンには嬉しいシーンてんこ盛りでした。
 
 
 

■ 刀剣男士が背負うものの重さについて

 
刀剣男士たちの目的は「歴史を改変しようと目論む時間遡行軍を倒すこと」ですが、「正しい歴史を護る」というのも、それはそれでツラいことなのだと改めて感じました。
今回で言う火事のように、目の前でどんな出来事が起きていようが見て見ぬふりをすることも時には必要になってくるなんて、苦しいです。その辺の葛藤は、アニメ『刀剣乱舞-花丸-』では大和守安定や今剣を通して描かれていましたが、そういう意味で言うと今回の堀川にはすんなりと感情移入することができました。(安定や今剣にまったく共感しなかったという訳ではないのですが、彼らでいう“前の持ち主”に相当する“誰か一人”への強い想いは、想像し難いといえば想像し難かったかも。私には)
 
そして、兼さんに窘められるも、居ても立っても居られずに宿を飛び出す堀川。その後の兼さんの表情が……。
恐らく兼さんも、顕現したばかりの頃はこのジレンマと戦っていた筈なんです。飛び出していく堀川に、昔の自分を見ているような感覚を覚えたのかもしれません。
 
もしくは、「時間遡行軍を倒して正しい歴史を護る」以外の行動を起こしたことで、過去に仲間を失っているとか、後々これが命取りになったり(兼さんに限らず)とか、そんな展開もあったり、なかったり……?
葛藤している堀川の表情もとても良かったです。
 
 
しかしその後、火事で逃げ遅れた少女を母親の元まで届けてあげる兼さん。やっぱり兼さんは兼さんだった!
ゲーム内で見られる回想では、前の持ち主のことを想って涙ぐむ兼さんが描かれていますが、やはり基本的には人情のひと(刀だけど)なんですよね。とにかくスーパーウルトラカッコ良かったです。
 
 
 

■ 蜻蛉切と薬研藤四郎と陸奥守吉行

 
圧倒的戦力差に苦戦する兼さんと堀川。そこへ現れる少年審神者
審神者が蜻蛉切と薬研を召喚(?)するシーンは、何度見ても素晴らしいです。ゲームにおける“刀剣男士の顕現”を思わせる桜吹雪が綺麗すぎる。
 
あと、蜻蛉切さんがマジで本当にものすごくカッコ良いです。
圧倒的安心感、いつ見ても美しい筋肉。敵を貫くシーンの疾走感も素晴らしかった。
 
そして薬研の戦い方も美しかった。
短刀はリーチが短い(?)ので、どうしても敵と距離を詰めなければいけないのは少し怖いところでもありますが、桜が舞っていたせいもあって五割り増しぐらいで男前でした。
 
そして最後に召喚された陸奥守。前の持ち主の関係もあり、兼さんと陸奥守がケンカップrげふんげふんいがみ合ってるのも良かったです。
口喧嘩はするのに、お互い背中を預けられるほどには信頼関係が築かれているといいますか。そんな2振りが背中合わせで戦う……素晴らしい。兼さんが敵を蹴り上げて陸奥守が銃でとどめをさしたりと、息もぴったりでした。
 
 
そんなところで、鶴丸国永の登場は次回に持ち越しです。
まぁ中の人的には歌で出演してましたけどね。(笑)
 
 
 

■ 不穏なOP&いい意味で気の抜けた次回予告

 
オープニング映像に不穏なカットが多すぎて震えつつの、次回予告。
突然の2D感というか(笑)、ゲームの雰囲気が出てましたね。堀川と兼さんのキャラクターがよく分かる掛け合いでした。
 
ということで。
もともと期待はしていましたが、その期待値をグンと超えた映像美でした。そしてとにかく殺陣がカッコ良いので、剣戟が好きな方は必見です。
オープニングにも登場している三日月宗近が、どんな形で本編に登場するのかも気になりますね。次回も楽しみです。
 
 

活撃 刀剣乱舞 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

新品価格
¥3,211から
(2017/7/3 17:00時点)


 
 
 
こちらの関連記事もオススメです>
時代の最先端であり最年少!オレ様系刀剣男士『和泉守兼定』 - ほかログ
可愛い顔して案外物騒!世話焼き系刀剣男士『堀川国広』 - ほかログ
頼もしさと安心感は刀剣男士随一!従者系刀剣男士『蜻蛉切』 - ほかログ
頼りがいのあるアニキ肌!世話焼き系刀剣男士『薬研藤四郎』 - ほかログ
審神者のことを最も呼んでくれる刀剣男士は?【刀剣乱舞】 - ほかログ
審神者のことを最も呼んでくれる刀剣男士(極)は?【刀剣乱舞】 - ほかログ